Scratch(スクラッチ)で車のゲームを作ろう! 作りかた徹底解説・後編

Scratch(スクラッチ)
スポンサーリンク

車に動きをつけよう

道がないと下の段に落ちる

車が走っていて道が途切れたところで、下の段に落ちるようにします。

車が上段にいるときのy座標は130で、中段のときのy座標は10海にいるときのy座標は-140です。

「y座標=130」で道の色に触れていないとき、「y座標を-10ずつ変える」を12回繰り返して、y座標10まで降ります。

同様に、「y座標=10」で道の色に触れていないとき、「y座標を-10ずつ変える」を15回繰り返して、y座標-140まで降ります。

ジャンプして上の段に登れる

スペース キーを押すと、上の段にジャンプできるようにします。

「y座標=10」スペース キーが押されたとき、「y座標を10ずつ変える」を12回繰り返して、y座標130まで上ります。

同様に、「y座標=-140」スペース キーが押されたとき、「y座標を10ずつ変える」を15回繰り返して、y座標10まで上ります。

海に落ちるとスピードが遅くなる

車が海の中にいる間は、スピードが遅くなるようにします。

山と海の境い目が、だいたい y座標-100くらいなので、y座標が-100より少なくなったらスピードを4遅くして、また海から出たらスピードを戻すようにします。

岩にぶつかると点滅する

車が岩にぶつかったとき、チカチカと点滅させます。

イベントの「○○を送る」ブロックに、新しいメッセージ「ぶつかった」を登録します。

「中段の岩」「上段の岩」のスクリプトに、「ぶつかったを送る」を入れます

「車」のスクリプトを追加します。

「ぶつかった」を受け取ったとき、0.2秒ごとに「隠す」「表示する」を交互に行うことで、チカチカと点滅して見えます。

 

さて、ここまでの動きを見てみましょう。

完成まで、あとちょっとです!

音をつけよう

いろいろな効果音をつけていきましょう。

オープニングに音をつける

ゲームが始まる前に、車が「3、2、1、スタート!」と言うのと同時に、「ピ、ピ、ピ、ポーン!」という音を鳴らします。

「ステージ」にスクリプトを書いていきます。

「57の音符」というのは、ラの音です。「69の音符」は、高いラの音です。

テンポが60BPMの場合、1拍で1秒になるので、0.75拍鳴らして0.25拍休むと、1秒になります。

これを3回繰り返し、最後に高いラの音を1秒鳴らすと、時報の「ピ、ピ、ピ、ポーン!」という音になります。

ゲームのBGMを鳴らす

ゲーム中ずっと流れるBGMを設定します。

「ステージ」の音タブをクリックし、「音をライブラリから選択」ボタンを押し「dance around」を選択します。

スクリプトタブに切り替え、スクリプトを書きます。

音量を50%におさえて、ずっと鳴らし続けます。

効果音をつける

車が落ちるときの効果音

車が道から落ちる時に効果音を鳴らします。

「車」のスプライトの音タブをクリックし、落ちる音をアップロードして登録します。

スクリプトタブに切り替え、すでに作ったスクリプトに「落ちるの音を鳴らす」ブロックを追加します。

車がジャンプするときの効果音

車がジャンプする時に効果音を鳴らします。

落ちる音と同じように、ジャンプの音をアップロードして登録し、すでに作ったスクリプトに、「ジャンプの音を鳴らす」ブロックを追加します。

果物をとったときの効果音

車が果物をとった時に、効果音を鳴らします。

「りんご」の音タブをクリックし、「音をライブラリから選択」ボタンを押して「water drop」を選択します。

スクリプトタブに切り替え、すでに作ったスクリプトに、音量を70%におさえて、「water dropの音を鳴らす」ブロックを追加します。

「バナナ」「みかん」「さくらんぼ」のスクリプトにも同様に、ブロックを追加します。

岩にぶつかったときの効果音

車が岩にぶつかったとき、効果音を鳴らします。

「中段の岩」のスプライトの音タブをクリックし、ブザー音をアップロードして登録します。

スクリプトタブに切り替え、すでに作ったスクリプトに「ブーの音を鳴らす」ブロックを追加します。

「上段の岩」のスクリプトにも同様に、ブロックを追加します。

海に潜ったときの効果音

車が海の中にいるあいだ、ブクブクブク…という効果音を鳴らします。

「海」のスプライトの音タブをクリックし、ぶくぶく音をアップロードして登録します。

スクリプトタブに切り替え、すでに作ったスクリプトに「ずっと」「もし車に触れたなら」「終わるまでぶくぶくの音を鳴らす」ブロックを追加します。

ゲーム終了画面を設定しよう

制限時間(40秒)内のスコアによって、ゲーム終了画面(3パターン)が変わるようにします。

タイマーをセットする

ゲーム開始から40秒たったら、ゲームを終了するようにします。

ステージのすでに作ったスクリプトに「タイマーをリセット」「タイマー>40まで待つ」「ゲーム終了を送る」ブロックを追加します。

ゲーム終了画面のスプライトを作る

画像をアップロードする

スプライトリストのアップロードボタンをクリックし、高得点のときのゲーム終了画面の画像をアップロードします。

続いて、コスチュームタブをクリックし、中得点のときの画像と、低得点のときの画像をそれぞれアップロードします。

音を登録する

音タブに切り替えファンファーレの音、歓声の音、がんばりましょうの音をアップロードします。

スクリプトを書く

スクリプトタブに切り替え、スクリプトを書いていきます。

ゲーム終了画面は、ゲームが終了するまでは表示させないので、がクリックされたとき」「隠す」にしておきます。

そして、「ゲーム終了を受け取ったとき」に1番上の層(前面)に出したいので、「前に出す」を入れます。

7点以上だったら高得点、6〜3点だったら中得点、2点以下だったら低得点としたいため、下記のようなスクリプトになります。

音を鳴らす前に「すべての音を止める」を入れているのは、他の効果音などが鳴っている場合は、いったん全て止めてから、音を鳴らすようにするためです。

最後に「すべてを止める」を入れて、すべてのスプライトのすべてのスクリプトを、完全に止めます。

最終調整をしよう

これでもう完璧かな?と思って、作ったゲームで遊んでみると、思わぬ不具合が見つかることがしばしばあります。

今回のゲームも、「タイムアップ直前に海に入ってしまうと、ゲーム終了画面が表示されているのにブクブクブク…という音が流れ続けてしまう」という不具合が見つかりました。

そこで、車のスクリプトに「ゲーム終了を受け取ったとき」「隠す」というスクリプトを追加しました。

これで、ゲーム終了後は車が表示されなくなるので、車と海が触れることはなくなり、不要な音が鳴らなくなりました。

ゲーム完成!

やっと完成です。長い間お疲れ様でした!

今回のゲームはScratchスクラッチのサイトにもアップしていますので、よかったら実際に遊んでみてください。

また、Scratchスクラッチには「リミックス」という機能があり、アップされているプロジェクトを自分のアカウントにコピーして、自由にどんどんアレンジすることができます。

自由な発想で、どんどんアレンジしてみてください!

 

 

おすすめのScratchスクラッチ関連書籍
とにかく丁寧でとってもわかりやすい! 初心者に一番のおすすめ本。こどもへの教え方のアドバイスまで載っています。
文字が多いのでとっつきにくいかもしれないけど、内容がすごくいい。基礎固めの2冊目としてもおすすめ。
子どもに読ませるための入門書としておすすめ。マンガでわかりやすく書かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました