Scratch(スクラッチ)で背景をループさせる方法

Scratch(スクラッチ)
スポンサーリンク

タテに繰り返す背景をつくるには?

Scratchスクラッチで上から下へ動き続ける背景を作りたいときは、シームレスな画像を用意し、クローンを使って画面上に2枚の画像を交互に表示させると、途切れることなくループさせることが出来ます。

Scratchスクラッチの画面サイズは横480px・縦360pxなので、横480px・縦360pxの画像を用意します。

1枚目の画像は「x座標0、y座標0」にして、画面の中央に置きます。

2枚目の画像はクローンで作り、その画像とずらして置きます。

「x座標0、y座標360」としたいところですが、Scratchの仕様で「y座標360」としても、画面上に20pxくらい出てきてしまうので、「y座標340」として、はじめから20px重ねて表示させます。

シームレスの画像を作るには、ちょっとコツが必要

Scratchスクラッチの画面サイズは横480px・縦360pxなので、横480px・縦360pxのシームレスな画像を用意すれば良さそうですが、ちょっとコツが必要です。

まず、縦は360pxではなく340pxの画像を用意し、上端の20pxをコピーして下端にくっつけて、360pxの画像を作ります。

こうすることによって、1枚目の画像と2枚目の画像を20px重ねても、画像のつなぎ目がずれなくなります。

スプライトを作ろう

背景なのでステージにスクリプトを書きたいところですが、ステージは自分自身のクローンを作ることが出来ません。

そのため、背景用のスプライトを作ります。

スクリプトを書こう

まず自分自身のクローンを作り、自分自身は画面の中央(x座標0、y座標0)に配置します。

クローンの方は、x座標を0、y座標を340にして、先ほどの説明のように20pxだけ重ねるように配置します。

あとは、自分自身もクローンも、同じ速度(y座標を-5ずつ)で移動して、y座標が-340まで行ったら y座標を340にする、という動きを繰り返します。

これで、タテに繰り返す背景の完成です。

ヨコに繰り返す背景を作るには?

ヨコに繰り返す背景も、考え方は「タテに繰り返す背景」と一緒です。

1枚目の画像は「x座標0、y座標0」にして、画面の中央に置き、2枚目の画像はクローンで作り、20pxずらして置きます。

シームレスの画像を用意しよう

Scratchスクラッチの画面サイズは横480px・縦360pxなので、「タテに繰り返す背景」と同様に、まず横460pxの画像を用意し、左端の20pxをコピーして右端にくっつけて、480pxの画像を作ります。

これで、1枚目の画像と2枚目の画像を20px重ねても、画像のつなぎ目がずれなくなります。

スクリプトを書こう

背景用のスプライトを作り、スクリプトを書いていきます。

まず自分自身のクローンを作り、自分自身は画面の中央(x座標0、y座標0)に配置します。

クローンの方は、x座標を460、y座標を0にして、20pxだけ重ねるように配置します。

あとは、自分自身もクローンも、同じ速度(x座標を-5ずつ)で移動して、x座標が-460まで行ったら x座標を460にする、という動きを繰り返します。

これで、ヨコに繰り返す背景の完成です。

 

 

おすすめのScratchスクラッチ関連書籍
とにかく丁寧でとってもわかりやすい! 初心者に一番のおすすめ本。こどもへの教え方のアドバイスまで載っています。
文字が多いのでとっつきにくいかもしれないけど、内容がすごくいい。基礎固めの2冊目としてもおすすめ。
子どもに読ませるための入門書としておすすめ。マンガでわかりやすく書かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました