Scratch(スクラッチ)で場面変更するゲームをつくろう・1

Scratch(スクラッチ)
スポンサーリンク

仕様を決めよう

今回も、車が大好きなムスコ(4歳)の強〜い希望で、車のゲームをつくります。

今回は、3つのステージに分かれたゲームにします。

まず第1ステージで、車の色を決めます。

第2ステージでは、第1ステージで選んだ車を運転するゲームをします。

そして第2ステージのゲームをクリアしたときのみ、第3ステージへ進める、という仕様にします。

実際に完成したゲームはこちらです!

よかったら実際に遊んでみたり、コードを確認してみてください。

第1ステージをつくろう

背景画像を設定する

第1ステージでは、車の色を決めるため、このような画像をステージの背景画像に設定します。

車のスプライトを作る

車のスプライトを作ります。

6色の車の画像を、それぞれコスチュームとして登録します。

コスチューム名は、それぞれ 1、2、3、4、5、6 と半角数字で名前をつけておきます

スクリプトを書く

コスチューム1からコスチューム6までの画像を、下記のように並べたいと思います。

それぞれの画像の座標は、以下のようにします。

スプライトの実体は隠して、クローンを表示するようにします。

x座標-155、y座標-8の位置にコスチューム1のクローンを表示し、x座標を157移動してコスチューム2のクローンを表示し、さらにx座標を157移動してコスチューム3のクローンを表示します。

そこまでいったら、今度は x座標-155、y座標-115の位置にコスチューム4のクローンを表示し、x座標を157移動してコスチューム5のクローンを表示し、さらにx座標を157移動してコスチューム6のクローンを表示します。

これで、車の画像が6つ、クローンで表示されました。

マウスポインタに反応させる

マウスでどの画像を選んでいるか分かりやすいように、マウスポインタが画像に触れたら、画像を斜めに傾けるようにします。

先ほど書いたスクリプトの「クローンされたとき」「表示する」の下に、「ずっと」「もしマウスのポインターに触れたなら」「75度に向ける」「でなければ」「90度に向ける」を追加します

マウスポインタが触れている画像だけが、斜めに傾くようになりました。

どの画像を選んだか記憶する

マウスでどの画像をクリックしたかを記憶して、次のステージ2に反映させるため、変数を作って、そこに選ばれたコスチューム番号を格納するようにします。

変数を作る

「車のコスチューム番号」という変数をつくります。

「車のコスチューム番号」変数は0にして初期化しておきます。

「もしマウスが押されたなら」「車のコスチューム番号を [コスチューム#] にする」を追加して、「車のコスチューム番号」変数に、マウスが押されたクローンのコスチューム番号を格納します。

また、車が選択されたら、もう画像を斜めにする動きはさせたくないので、今まで「ずっと」で囲んでいた部分を「 [車のコスチューム番号>0] まで繰り返す」に変更します。

ステージ2へ移動する準備をする

車が選ばれたときに、「OK!」と1秒言ってから、ステージ2へ行くようにします。

「OK!」と言っている1秒間待ってから、「ステージ2へ」というメッセージを送って、ステージ1を終了するためにクローンをすべて削除します。

 

さて次回は、この「ステージ2へ」を受け取ってからのスクリプトを作っていきます。

 

 

おすすめのScratchスクラッチ関連書籍
とにかく丁寧でとってもわかりやすい! 初心者に一番のおすすめ本。こどもへの教え方のアドバイスまで載っています。

文字が多いのでとっつきにくいかもしれないけど、内容がすごくいい。基礎固めの2冊目としてもおすすめ。

子どもに読ませるための入門書としておすすめ。マンガでわかりやすく書かれています。

コメント