Scratch(スクラッチ)でリストを使ったゲームをつくろう

Scratch(スクラッチ)
スポンサーリンク

リストって何?

「変数」をすごーく簡単に言うと、「数値」や「文字列」をしまっておく箱です。

ただし、変数には1つの数字あるいは文字列しか入れることができません。

でも、複数の数値や文字列をしまっておきたい場合もありますよね。

そんなときに使うのが「リスト」です。

今回は、リストを活用してパズルゲームを作成します。

完成したゲームの紹介

まず最初に、出来上がったゲームの紹介をします。

スタートからゴールまで、すべてのブロックを使って道をつなげるというパズルゲームです。

このような問題が表示され、カーブの道のブロックをクリックすると、回転することができる(まっすぐの道のブロックは回転できない)という仕様にします。

 

実際に完成したゲームはこちらです!(音が出ます。ご注意ください)

コードを確認したい方は、下記ページの「中を見る」から確認できます。

スプライトをつくる

まず「道」というスプライトを作り、下記の2種類の画像をコスチュームとして登録します。

カーブの画像

直線の画像

これを画面上に25個ならべます。

クローンを並べる

クローンを使って、このような順番で並べます。

「道」スプライトのコードに、以下のように書いていきます。

これを実行すると、このように並びます。

今はまだ、同じコスチュームの画像だけが並んでいます。

クローンごとにコスチュームを指定する

1番目のクローンのコスチュームは「カーブ」、2番目のクローンのコスチュームは「直線」…というように、クローンごとにコスチュームを指定していきます。

まず、「リストをつくる」から、「コスチューム」という名前で新しいリストを作成し、1番目から25番目までのコスチュームをそれぞれ登録します。

クローンに番号をつける

「クローン番号」という変数を作り、クローンが作られるたびに1ずつ加えて、それぞれのクローンに番号を持たせます

先ほど作ったコードに、赤枠の部分を追加します。

クローン番号「1」のクローンは、「コスチューム」リストの1番目に設定しているコスチュームにし、2番目以降も同様に処理されます。

これを実行すると、このように並びます。

指定したコスチュームで並びました。でもまだ、向きが全て同じ状態です。

クローンの向きを指定する

次に、それぞれのクローンの向きを変えていきます。

クローンの向きも、リストで指定していきます。

「問題リスト」と「正解リスト」を作り、角度(0,90,180,-90 のいずれか)を入力します。
「回答リスト」も作りますが、こちらは空っぽにしておきます。

先ほど作ったコードに、赤枠の部分を追加します。

まず「問題」リストの角度で画面上に表示し、「問題」リストの中身を「回答」リストにそのままコピーします。

「回答」リストの値がすべて「正解」リストと一致すれば、ゲームクリアとなるようにしていきます。

カーブのみ回転できるようにする

「道」スプライトのコードに下記を追加し、カーブのクローンのみ、クリックされたら90度回転するようにします。

そして、「回答」リストを現在の角度に書き換えます

正解を判定する

先ほど作ったコードに赤枠の部分を追加し、「回答」リストと「正解」リストの値がすべて一致したら、ゲームクリアになるようにします。

「ゲームクリア」というイベントを送ったら、なにか面白いエンディングが見られると、ゲームとして楽しくなりますね。

例えばこのゲームでは、「ゲームクリア」というイベントを送ったら、車が完成した道を走って終了、という仕掛けを入れています。

 

今回のゲームはScratchスクラッチのサイトにもアップしていますので、よかったら実際に遊んでみてください。

 
また、Scratchスクラッチには「リミックス」という機能があり、アップされているプロジェクトを自分のアカウントにコピーして、自由にどんどんアレンジすることができます。

自由な発想で、どんどんアレンジしてみてください!

 

おすすめのScratchスクラッチ関連書籍
とにかく丁寧でとってもわかりやすい! 初心者に一番のおすすめ本。こどもへの教え方のアドバイスまで載っています。
文字が多いのでとっつきにくいかもしれないけど、内容がすごくいい。基礎固めの2冊目としてもおすすめ。
子どもに読ませるための入門書としておすすめ。マンガでわかりやすく書かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました