Scratch(スクラッチ)で場面変更するゲームをつくろう・3

Scratch(スクラッチ)
スポンサーリンク

第3ステージをつくろう

いよいよ、第3ステージはエンディングです。

エンディングでは、車がヒューンと空を飛んでから海へダイブし、陸へ上がってお家に到着してゴールです。

なぜ空を飛んだり海へダイブしたりするかというと……

車がお空を飛んだり、海の中を泳いだりするのがいい!

という、ムスコ(4歳)の要望を取り入れたためです。訳わからなくてすみません…(汗

第2ステージのゲームをクリアできたら、このエンディングが見られるようにします。

背景画像のスプライトを作る

第3ステージは、以下のような2枚の画像をつなぎ合わせて背景にします。

「ステージ3」という新しいスプライトを作り、上の2枚の画像をコスチュームとして登録します。

コスチューム名は、それぞれ「前半」「後半」とします。

スクリプトを書く

「前半」の画像を「x座標0、y座標0」にして、画面の中央に置き、クローンで作った「後半」の画像を「x座標460、y座標0」に置きます。

車のスプライトが崖を登ってジャンプして、画面の中央付近まで行ったら背景を動かします。

y座標を「-2」ずつ動かし、「前半」の画像はx座標が-460になるまで、「後半」の画像はx座標が0(つまり画面中央)になったら動きを止めます。

最後に、「ゴール」のメッセージを送ります。

ステージに背景画像を追加する

ゲームが終了してスクリプトがストップすると、クローンの画像は消えてしまうため、「ステージ3」スプライトの「後半」と同じ背景画像を「ステージ」にも追加しておきます。

スクリプトを追加する

ステージのスクリプトを追加します。

「ステージ3へ」のメッセージを受け取ったら、背景を「ステージ3」に変え「ステージ2」で鳴らしていた「drive around」を止めるため「すべての音を止める」ブロックを入れます

ただ、それだけでは音はすぐ止まらないので、ステージ3に切り替わったらすぐ音を止めるために「音量を0%にする」を入れます

そのため、ステージ2の方は「音量を100%にする」を入れておきます

ゲーム終了スプライトを作る

「ゲーム終了」という新しいスプライトを作ります。

「ゴール」画像と、「ゲームオーバー」画像をそれぞれコスチュームとして登録します。

音を登録する

「ゴール」の音と「ゲームオーバー」の音をそれぞれ登録します。

スクリプトを書く

「ゲームオーバー」のメッセージを受け取ったとき、コスチューム画像「ゲームオーバー」を表示して音を鳴らし、すべてのスクリプトを止めます。

また、「ゴール」のメッセージを受け取ったときは、コスチューム画像「ゴール」を表示して音を鳴らし、すべてのスクリプトを止めます。

車のスプライトに音を追加する

効果音として、「走行中(ジャンプ前)」「ヒューン」(崖から落ちる時の音)、「ドボン」(海に落ちたときの音)、「ブクブク」(海の中を走るときの音)、を登録します。

スクリプトを追加する

車が崖から落ちる時に、加速度をつけて落ちるようにさせたいので「落ちる速度」という変数を作っておきます。

最初に「落ちる速度」変数を「0」にして初期化しておきます。
車のコスチュームを、再び「ステージ1」で使っていた横向きの画像に変えます。ただし、ここでは大きさを「40%」にします。
車の動きと、上のスクリプトを見比べてみましょう。
最後に、ステージ3で車のスプライトの大きさを「40%」にしたので、ステージ1ではこれを戻すために、大きさを「100%」にするブロックを追加しておきましょう。

ゲーム完成!

やっと完成です。長い間お疲れ様でした!

今回のゲームはScratchスクラッチのサイトにもアップしていますので、よかったら実際に遊んでみてください。

また、Scratchスクラッチには「リミックス」という機能があり、アップされているプロジェクトを自分のアカウントにコピーして、自由にどんどんアレンジすることができます。

自由な発想で、どんどんアレンジしてみてください!

 

 

おすすめのScratchスクラッチ関連書籍
とにかく丁寧でとってもわかりやすい! 初心者に一番のおすすめ本。こどもへの教え方のアドバイスまで載っています。
文字が多いのでとっつきにくいかもしれないけど、内容がすごくいい。基礎固めの2冊目としてもおすすめ。
子どもに読ませるための入門書としておすすめ。マンガでわかりやすく書かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました